サンスター プレミアムレーシング φ320ローター インナーMタイプ

サンスター プレミアムレーシング φ320ローター

●ブレーキディスクの外観を大きく左右するインナーローター。
表面処理は耐久性を重視したブラックハードアルマイトを採用し、
妥協なく作りこまれたインナーローター。
ブレーキフィーリングにも影響をもたらす選択。

○インナー Mタイプ
重量面で優れているM Type。必要な剛性を確保しつつ、軽量化を実現。
最新のスーパースポーツにも合うデザインを採用しました。


●アウターローターの形状は、ブレーキディスクにとって最も重要な部分。
いかに効率よく運動エネルギーを熱に変換し、受け止めるか。
その為に必要な材質、形状は日々進化しています。
用途やシーンに合わせて選べる3種類のアウターローター。

○アウターローター ホール&スリット
スリットとホールの良いところを両方兼ね備えた形状。
スリットのクリーニング効果と、ホールによる放熱効果と軽量化。
常に最高峰を求めるあなたに。

○アウターローター ホール
優れた放熱性と重量性能に優れた形状。
プレミアムレーシング最軽量のホールタイプ。
レーシングスペックを求めるあなたに。


●あまり知られていないディスクローターの厚み変更。
レースの世界では一般的で、厚みを変えることによるブレーキフィーリングの差は
圧倒的。プレミアムレーシングだからできる板厚のチューニング。
※スリットには板厚5.5mm設定はございません。ご了承下さい。

○アウターローター板厚 5mm
板厚が薄い分、センターが出しやすく個体差の大きい車両でも装着しやすいです。
公道で普通に使いたい方はこちらをお勧めします。

○アウターローター板厚 5.5mm
 メリット
・ピストンの突出量が少なくなるためブレーキフィーリングのダイレクト感が増します。
・熱容量が増えることにより、熱ひずみに強くなります。
・耐熱性が上がり、レバーが安定します。

 デメリット
・キャリパーによっては装着できない場合があります。
・重量が増加します。
・板厚が厚い分、センター出しがシビアになります。


●ブレーキフィーリングに大きく影響するフローティングの仕様。
放熱性を高め、より安定したフィーリングを実現するフルフローティング仕様。
ウェーブワッシャーによりピンの摩耗を抑え、走行シーンを選ばないセミフローティング仕様。

○フルフローティング
ウェーブワッシャーが無い分のクリアランスにより、アウターローターが固定されないため、可動します。
結果、ブレーキパッドへ接触している時間が短く、放熱性に優れ、ブレーキフィーリングが向上します。

○セミフローティング
ウェーブワッシャーによりテンションがかかっているため、ほぼ可動しません。
これによりフローティングピンの摩耗が抑えられ、メンテナンス性に優れます。
またブレーキパッドを押し戻すことがなく、走る場所も選びません。

○フローティングピン カラーオーダー
ゴールド、シルバー、ブルー、レッド、グリーン、オレンジ、ハードアルマイト

詳しくはこちらのURLを参照して下さい。
http://www.sunstar-kc.jp/discrotor/premium_racing_front.html

1枚の価格となります。
左右必要な場合は購入数を2にして下さい。
別途、キャリパーサポートが必要になります。
販売価格
37,400円(本体34,000円、税3,400円)
アウターローター
フローティングピン カラー
購入数